<< 激突!北総運賃対かき氷 | トップ |
2020.08.11 Tuesday

ジョニー・マーと私達

 ここのところ、直前に見た夢の内容を思い出してばかりいます。今朝見たのは、書いた小説が端から直されて惨めな気持ちになる夢でした。昔と変わらず四百字詰め原稿用紙にシャーペンか鉛筆で書いていました。字が汚いのも昔と変わりません。昨年だか、上手くなったと父に褒められたものですが、生まれてから大人になるまで下手と言われ続けた劣等感は今更拭えるものではなく、今後どんなに上達しようと、わたしの書き文字は一生人並み以下なのです。そして、夢にはそんな所ばかりリアルに反映されます。
 但し、自分の書いた文章にあれこれ指摘をいただいたり、直接赤を入れてもらうのは好きでして、その点は現実と異なるようです。キリコはあらかたの夢において気弱です。おそらくは根っこの部分が出るのでしょう。実生活であれば経験や知恵でもって受け流したり、意図的に無視することで自意識を保てますが、それらを剥がしてしまえば負い目のかたまり。すぐ謝るとっとこハム太郎と変わりません。
 ハム太郎を見た事がないまま例に挙げてしまいました。申し訳ない。ぶたないで欲しいのだ。
 夢に見た通り、以前は原稿用紙に直書きしておりましたが、今となってはデジタル一辺倒です。テレビで見る作家さんには徹底してアナログに拘っていたり、或いはいきなり万年筆で書き始める立派な方もいらっしゃいます。わたしにはもう無理だ。何故なら書くのが遅い上に誤字脱字が多いからだ。まあ後者に関してはデジタルだろうと変わりはしません。であるなら、悪筆は一生直らないということかも知れません。ひどく惨めな気持ちになって来た。正夢だったのでしょうか。
 こうして夢日記をつけていると、いつか気が狂うと聞いた事があります。実際に狂った人間がいるのかは知らん、狂う可能性はあろうと思います。即ち、現実で夢を補完すると、次に見る夢の具体性が増し、繰り返す内、現実との境目が曖昧になって行くという事です。皆様お気をつけください。日常生活に夢の記憶を持ち込み出したら危険信号です。
 キリコについて言うなら、京王線はすぐ暴走し、調布から先はジェットコースターに変わる事が数度の夢から確定しています。また、調布から新宿方面に乗ると桜上水辺りで脱線します。高校には既に四度入学し、大学も三回目。結婚した事実は夢にも反映され、それを踏まえて次の大学受験は東大に願書を出す予定です。狂気は既に近くまで這い寄っているかも知れません。
 ではまた来世。
コメント








 
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
作者
ウェブサイト:キリコックス
 

最新
カテゴリ
アーカイブ
コメント
サーチ
その他
携帯
qrcode
お世話様
無料ブログ作成サービス JUGEM にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村