<< ホ別30kゴム有詐欺 | トップ | 皇室ブロウジョブサービス >>
2019.04.25 Thursday

小岩ゼテギネア時代

 ウラジオストクについて書いたらアクセスが百倍に増えました!
 などという奇跡は勿論起こらない。ここから百日か一年か、ひたすらにロシア情報でも流し続ければ話は別だろうが、生憎と三泊四日極東分の経験しか持っていない。それもキリル文字すらまともに読めない状態での四日間である。地元の方との会話もほぼなく、すみません、写真、日本人、幾らですか、美味しいくらいしかロシア語を発さなかった。キオスクでバスマップを買ったりカフェに入ったり路面電車に乗ったり軍事博物館で高射砲を回したりと夢は多かったが全て次回に持ち越しである。
 しかし、初めての単独海外旅行はそれでも非常に楽しかった。今まで訪れた台湾やマカオと言った中華圏、ハワイのような全身観光地とは違い、またヨーロッパでありながら観光化されておらず、日本人の気配すら感じない街を歩くのは実にスリリングなものだったし、ガイドブック情報を頼りに訪れたレストランはどこも安くて美味しかった。あと道行く女性が尽く美人で長身でカモシカのごとき脚を持っていた。我々は遺伝子の段階で負けている。
 街行く人種は金髪の白人が多く、女性は上述の通り、男は背が低めでむっちり大きい格闘家体型、それに多少のコーカソイド、中国人と韓国人から成る東アジアのモンゴロイドと多種多様、日曜日には国境から長距離バスで訪れる中国人をよく見かけた。地元民から見ても中国人が多いらしく、ニイハオと声を掛けられる事が何度かあった。まだまだ日本人は馴染みがないようである。だから、昨日の繰り返しになるが、今のうちに行っておいた方が面白いと思います。
 建築は欧州式の古い物が殆どで、日本統治時代の銀行がそのまま裁判所として使われていたりと、関係の深さを感じる。一軒家はない。ソ連時代のアパルトマンをそのまま使い、或いは郊外に住んで仕事は市街地に来る。そのせいか道路の一車線は駐車用に割り当てられ、朝と夕方にすさまじい渋滞が生じる。
 当地にはロシア出兵など、過去うちの国が非常に申し訳ない仕打ちをしたが、今の方々はあまり気にしていないようでもあった。その証左と言えるのかどうか、博物館のお土産屋で日本人である事を告げると、齢八十くらいの婆ちゃんが、日本兵の映る絵葉書を薦めてくれて、こちらが恐縮した程だった。だからって私達がもういいじゃんとか言う訳にはいきませんが。
 ロシアの特徴として、大都市には必ずミリタリーショップがある。ウラジオストクにも三軒くらい。私が入ったのは地元軍人の御用達という店で、プーチンからラブロフからスペツナズっぽい兵士から、物騒なプリントを施したTシャツが所狭しと並んでいた。また大祖国戦争(独ソ戦)への拘りも強い。多くのグッズに1941-45の数字が刻まれている。
 港に出るとその傾向はまた顕著であり、太平洋艦隊本部の近くには戦死者を悼む火が燃え、当時の野砲が空を指し、一つも意味は分からないものの、何となく栄光を讃えるっぽい碑文がそこかしこに見られた。次行ったら少しは読めるだろうか。
 ところで私が訪れた七月一日はウラジオストク市の日である。広場に大きなステージが立ったり目抜き通りでパレードが行われたりと非常に賑やか。お馬さんもいたので皆様、折角訪れるならこの日を含めた旅程にするとよろしい。運が良ければ生でурааа!!(ウラー!!)も聞けます。
コメント








 
トラックバックURL
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
作者
ウェブサイト:キリコックス
メールアドレス:mailアkirikox.com
 

リセント
カテゴリ
アーカイブ
コメント
ブックマーク
サーチ
その他
携帯
qrcode
お世話様
無料ブログ作成サービス JUGEM にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村