2016.10.17 Monday

毎日カレーを食べるブログ

 カレー味の完全食を食べた。ソイレント顆粒バターチキンティッカマサララムサール条約批准バージョンである。これで、本来の意味でのカレーを食べずに更新を続けてちょうど一年になる。往年のファン達はもうここを読んでいないだろうか。当然そうだろう。他にもカレーを食べるウェブログは多数存在するし、食べログの公式キュレーターだって似たような事をやっている。私よりカレーへの情熱を持った人間、文才に溢れた方々は巷に溢れているのだ。彼らが365curryの跡を継いでくれるに違いない。否、いささか自嘲的にはなるが、最初から誰かに繋ぐようなコンテンツではなかったのかもしれない。大きな事を書いてはみたが所詮は素人の手習い。レビューや分析に命を賭ける連中には及ぶべきもない。そう、コンビニやレトルトに手を出した時点でさっさと看板を下ろすべきだった。
 それが出来なかったのは、日参してくださる読者達の存在があったからだろう。彼ら(You!)は時にコメントを残し、ウェブ拍手やウェブ投げ銭、アマゾンの乞食リストを使った支援、ニコニコ動画で口座番号を晒した直後からのカンパ、家事手伝い、開店資金の援助、オフパコ、人身売買、武器密輸、フリーメイソンへの入会斡旋まであらゆる分野で私を支えてきてくれた。
 では、何が私をここまで追い詰めたのか。顧みるに、潮目が変わったのは、モンサントと関わった時だろう。
 始まりは一通の電子メールだった。ウェブログの一角に小さな広告を出すだけで月百万円もの金が入るという、今般小学生でも引っ掛からない文面である。当然私とて無視を決め込んだのだが、毎日私の起床時間に合わせてメールは届き続けた。更に、どこから入手したのか私の携帯電話に留守電が入った。
「コンニチワ、モンサントノ、ビルデス。ゴテンショーバクシンケン」
 流石に少し面白くなって、つい話を聞いてしまったのが運の尽きである。一時間も経たぬ内、JR新宿駅東口の雑居ビルに事務所を構えるモンサントで明日会いましょうと、私は上機嫌で申し出ていた。
 ウェブ広告の契約条件は破格だった。最初のメールに書かれていた通り私は百万円/月の収入を得て、最早サポートセンターのアルバイトに勤しむ必要はなくなった。
 しかし、慢心と破滅は表裏一体である。間もなく私は無断遅刻に無断欠勤を繰り返すようになり、十年余で培った信用を瞬く間に失った。加えて金をバックにした不遜な態度である。かつては記事を書いたりフェイスブックに投稿するだけで集まったいいね!はすぐに消え失せ、飲み会も私抜きで開催されるようになり、ラインではグループから外された。そのような凋落ぶりにも関わらず、いや、むしろそこから目を背けるように、私はモンサントの広告を打ち続けた。危険と言われる遺伝子組み換えカレーにも手を出し、行きがかりからソイレントの宣伝まで買って出た。最早私を褒めてくれるのはビルだけだったからだ。
 あれから一年。暗闇の中、古びた液晶パネルに映る顔は目が落ち窪み、肌はダストボウル時のグレートプレーンズを思わせる。やせ細った指先から異常に分厚い爪だけが、猛禽類の鋭さで弧を描く。
 どこで間違えたのだろう。ソイレントか、モンサントか、或いはカレーに魅せられた瞬間だったのか。そうだ。カレーなど毎日食べると言わなければ今でもささやかで温かい人生が続いていたに違いない。カレーが憎い。カレーが、インド人が、大槻ケンヂが。スパイスなどこの世に存在しなければ。ニール・ヤングの声が聞こえる。そう、スターバックスとモンサントはいらない。
 嗚呼、クミンの天使が呼んでいる……。
2016.05.18 Wednesday

アイアンキング二〇一六

 放っておくと一年も百年も一瞬で過ぎてしまいます。何かを始めるたび、いちいち心機一転決意を新たにする暇などなさそうです。同様に、過去を消すのも面倒臭い。と言いますか、あらゆる場所にキャッシュが残っている限り、最早自分の影から逃げることなど不可能なのではありますまいか。そう、二十一世紀、情報だけが高度化されたディストピアにおいては、カンボジアの地雷原か南極の大氷河を歩くがごとく、石橋叩き棒でもって目の前の地面を確かめ続ける以外に負い目から逃げる術はないのでありましょう。それか森に入る。
 ディストピアSFの多くが森に消え行く主人公の後ろ姿で終わるのは、人界の理が及ばない土地がある事を意味します。太古の昔からそうです。山岳や河川が信仰の対象として畏れられてきたのは、富士山や神奈川(神を大いに示す川)の例から明らかなのに対し、森は常に恐れの対象でした。長老樹に注連縄が巻かれるケースこそあれ、彼を取り巻く樹々の下は、昼間から日光が遮られ、夜も星月の支配が及ばない密室です。富士の裾野に広がる森を樹海と呼ぶのも、板子一枚下は地獄の荒海と変わりなく、心底恐れられた証左でしょう。
 森の話はさておいて、懲りずにウェブログなど再稼働しました。前のデータは消しましたが、テンプレートなどは作り直すほど大した物でもないので流用します。タイトルは少し変えました。見れば分かるだろう。で、何に懲りないのかは皆様の胸に訊いてみなさい。きっと夢や希望や未来や怨念や溶融した炉心が止めどなく溢れてくるよ。
 冒頭に百年と書いたのは、二〇四五年問題と関係しています。これは同年辺りに人工知能が人類の知能を超えてしまう可能性を危惧する話です。科学者や支配階級の方々は、どうも人類が地球で一番知的と思いたがるようで、そもそも蟲や猫より我々毛のない猿が高等な根拠など何処にもないのに、一位の座から転げ落ちる事を何とか避けようと四苦八苦しています。
 仮に人工知能が人間に勝ったとして、何の問題が生ずるのかキリコにはよく分かりません。そうなれば人類は知性をディヴェロップメントに向けなくて良いのだからリソースはインクリーズしてソリューションも沢山生み出せるのではないでしょうか。キリコに関して言えば、日常の何やかやを人工知能丸さんに受け持ってもらって、小説やウェブログを書いたりスプラトゥーンを頑張ったり出来て非常に嬉しい。更に進んで肉体から解放され、人工知能丸さんの庇護の元、情報空間で読書や惰眠を貪れたら最高です。そこでは時間空間が意味を為さず、全ては擬似的自我の中で最小単位の神格と化すでしょう。
 まあ全部が全部投げっ放しもどうかと思いますが、何も投げず森で暮らすのもしんどいに違いありません。ですからどうか、人類を超えた人工知能さんには、情報空間から逃げた気分を味わえる森スペースも確保しておいて貰えるよう、二〇一六年からお願い申し上げる次第です。
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
作者
ウェブサイト:キリコックス
メールアドレス:mailアkirikox.com
 

リセント
カテゴリ
アーカイブ
コメント
ブックマーク
サーチ
その他
携帯
qrcode
お世話様
無料ブログ作成サービス JUGEM にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村